月1回の通帳記入で無駄な手数料を追放する

2020/05/24
口座のお金の出し入れの記録は銀行のコンピューターの中にあります。普段は通帳を自宅に置き、キャッシュカードのみで現金を引き出す人のほうが多いでしょう。でも最低月に1回は通帳を持参してATMで記帳する習慣をつけましょう。

未記帳期間が長くなると、その間の分は通帳に記帳されなくなり、永遠に見ることができなくなります。「通帳記入が面倒くさい」「口座に幾ら残高があるか分かればいい」という人は既に悪い習慣が身についてしまっています。

通帳の数字に関心のない人は、どうすればお金を貯められるかということにも無関心です。幾ら給料が入金されたのかは給与明細を渡されますので、当然、分かっているでしょうが、先月は幾ら入金されたのか?前回のボーナスは幾ら入金されたのか?すぐに言えますか?

また、いつ、幾ら引き出したか?あるいは口座から振替で、いつ、どんな支払いが幾ら振り替えられたのか?残高だけを見ていて分かるでしょうか?私の息子は数ヵ月間、通帳記入をしていませんでした。

早速通帳記入をさせたところ、5,000円の引き出しごとに105円の時間外手数料や210円の他行からの引出手数料が毎回もれなく掛かっていました。思わず溜息が出てしまいました。本人も無駄をしてきたことを痛感したようです。

世の中は便利になっていますが、一方で手数料が知らず知らずに取られているということが少なくありません。私は使っていなかった口座を通帳記入したところ、絶句したことがあります。毎月315円の手数料が口座から引かれていたのです。

何の手数料なのか全く見当がつかなかったのですが、やがて気が付きました。数年前に口座開設した時に10万円以上の残高があれば金利が若干高くなるというサービスを勧められるままに付けていたことを、そして10万円を割った時は口座維持費として手数料が掛かるということを、そのと時は担当者から聞いていて同意するサインをしたのでしょう。

ですが「聞いたことがある」ということと「分かっている」こととは違います。少し引き出した時に残高の¥90,000という数字はチラリと見ていましたが、まさか残高が10万円を割ると315円の手数料が引かれるとは考えてもみませんでした。

その月から1年にも渡って手数料が掛かっていたのでしょう、慌てて解約しました。いつもお金のことを書いたり話したりしている私も、こんな失敗をします。月に1回通帳記入していれば、すぐに気が付いた筈です。

最近ではネット銀行をメイン銀行にする人が増えていますので、通帳を持たない人もいるでしょう。また、銀行のATMから引き出すのではなく、コンビニやスーパーなどで現金を引き出す人も多くなり、通帳は持っていても殆ど記帳したことがないという人が少なくありません。

ある人は通帳をATMに入れると戻ってくるようになり、それ以来、何年も記帳しなかったそうです。通帳の磁気データが読み取れなくなったのです。でも、これは窓口ですぐに直せます。通帳は銀行からもらったカバーに入れて持ち歩くようにしましょう。

ネット銀行の場合は通帳が無い代わりに利用明細票を定期的に送ってきますが、すぐに捨ててしまう人も多いのではないでしょうか。通帳に関わるものですからキチンと保管しておきましょう。

通帳に線を引いて家計簿代わりにする

月に1回は通帳記入をしましょうと書きましたが、通帳記入してきたら、給与の入った日の記帳分の前に1本線を引きましょう。この線が1ヵ月ごとの締め日の線になるのです。

企業では日々のお金の出入りや貸借状況、現時点での儲け具合などを何時でも掴めるような会計処理をしています。さらに3ヵ月ごとの四半期決算や1年に一度の本決算などの締め日ごとに、その時点での企業の財務状況を誰が見ても分かるように会計資料を作っています。

個人の場合は家計簿の記帳と集計がその役目を果たします。でも、近頃家計簿をつけている人が本当に少なくなりました。独身の人は「家計簿」というとピンとこないかもしれませんので「個計簿」と言い換えた方がいいかもしれません。

何れにしても使ったお金の記録をつける人が少なくなりました。1ヵ月の始まりと月末もなくダラダラとお金を引き出して暮らしている人が多いのです。

例えば25日に給与が振り込まれる人は5日始まりで24日が月末ということになり、24日には殆ど残高が無いという状態にも慣れてしまって普通になっています。

現金で給与を貰っていた時代は、給料日前では手元に現金が無いので自ずとセーブしようという気持ちになったものです。

給与が口座に入るのが普通になった今では、お金が多少なりとも口座に残っていれば月末でも気にしない、更にいつもクレジットカードを使っていると、月末でもお金の使い方をセーブすることが無くなっているのではないでしょうか。

通帳に1本線を引いただけで家計簿をつけていない人でも1ヵ月ごとの収支に否応なく気づきます。通帳の余白に締め日ごとに入金額、出金額の合計を記入することを習慣にしましょう。

通帳に引いた先月の線、先々月の線を頼りに給与が入る前の口座の残高の数字を見比べてみてください。残高が少しずつ増えていっていれば来月はもっと上手く節約しようという気持ちになります。